サービス内容

お客様の課題に応じて、各種調査に関して、調査企画から、実査、集計、分析、報告まで一貫してサポートをさせていただきます。
また、「実査のみ」「集計のみ」といった対応も可能です。どのようなことでもお気軽にご相談下さい。

 

≪新リサーチメニュー クリック!!⇒軽なニューロマーケティング

 

CLT(セントラル・ロケーション・テスト)

事前に会場・対象者条件を設定しておき、会場に対象者を呼んで、調査に協力してもらう方法です。 調査の目的や対象製品などに応じて、会場周辺の通行人に声をかけて対象者を集める場合と、事前にリクルートしておく場合とがあります。
実査条件を会場でコントロールできるため、実査の品質管理を行いやすく、また、素材(CM、商品パッケージなど)の提示、試飲・試食がある場合に有効な方法です。

HUT(ホームユーステスト)

テスト製品を対象者宅などに配布して実際に一定期間製品を使用してもらい、製品の使用感やパッケージなどに対する評価をしてもらう方法です。
普段の家庭生活の中で使用してもらうため、上市前の製品の評価に有効な調査です。

インターネット調査

Web画面上に質問を掲載し、対象者がそのWeb画面上で回答する方法です。
スピードの速さとコストの安さが最大の特徴となります。
出現率の低い対象者の抽出が行いやすく、面接調査などでは聞きにくい質問内容もある程度可能となります。

店舗調査

調査員が売り場に立ち、対象製品を購入した人に対して、その場で調査を行う方法です。
「製品購入時点」での購入者の意識が正確に得られます。
店頭でしか正確に得られない情報(販促物などに対する評価など)を得ることができます。

グループ・インタビュー

6~8名程度の対象者を1室に集め、司会者(モデレーター)の進行のもと、特定のテーマについて自由に話し合いをしてもらう中で有用な意見を引き出す方法です。
また、「グループダイナミクス」と呼ばれる1人では決して生まれない参加者間の相互影響力が作用し、商品や購買行動についての思わぬ気付きや発見が得られることが期待できます。
インタビューの様子はモニタールームやビデオカメラなどにより観察することができます。

デプスインタビュー

インタビュアーと対象者と1対1で向かい合い、自由なインタビュー形式で聞き取りを行う方法です。
特定のテーマについて、より深く掘り下げたり、対象者の深層心理を探ることができます。
グループインタビューでは聞きづらいテーマ(健康のことなど)の場合にも有効です。